スキンケアでお肌の管理BLOG

トップページ > 肌が乾燥しているので、潤いある肌を作るために
ページの先頭へ

肌が乾燥しているので、潤いある肌を作るために

肌が乾燥しているので、潤いある肌を作るために化粧水(美白効果が期待できる成分、保水力を高める効果があるとされている成分など、商品によって色々な成分が配合されています)にはいろいろとこだわっています。



化粧水(美白効果が期待できる成分、保水力を高める効果があるとされている成分など、商品によって色々な成分が配合されています)にはとろみのあるものを使っているので、顔を洗い終えた後、これだけでも過ごせてしまえるほど潤って、結構気に入っています。化粧水(美白効果が期待できる成分、保水力を高める効果があるとされている成分など、商品によって色々な成分が配合されています)はちまちまとケチらずふんだんにつけるのが秘訣だと思っています。

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥には大変警戒しています。ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。


こういう時期ですから、大事な肌のためにスキンケアは特に念入りに行っているわけですが、最近になって、化粧水(美白効果が期待できる成分、保水力を高める効果があるとされている成分など、商品によって色々な成分が配合されています)や乳液など基本セットの他にオイルの使用も欠かさなくなりました。


お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが人気のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。



敏感肌によるトラブルは、水分が足りないために起こることが多いんですが、あまり合っていない化粧水(美白効果が期待できる成分、保水力を高める効果があるとされている成分など、商品によって色々な成分が配合されています)を使用しても、悪影響を与えてしまいます。肌の質感とマッチした低刺激の化粧品を使用して、保湿する事が大事です。ダブル洗顔は肌への負担が大きいので、あまり刺激のない肌に合うクレンジングで、メイクオフするようにした方がいいです。
敏感肌といえば乾燥肌でもあるといって良いくらい敏感肌と乾燥肌は同じカテゴリとして考えたほうが良いくらい深い関係であるといえます。



乾燥肌に変わってしまうと、ちょっとした外部からの刺激を過剰な反応を起こしてしまい、肌に赤みが生じたり腫れたりといった肌トラブルが起こってしまうようになります。肌表面の角質層が薄くなっ立ために、外部から、刺激を肌が内側まで通しやすくなっているのが理由です。できてしまった顔のシミをコンシーラーで目立たなくしようとしたのに、反対に、シミが気になるようになったことはありませんか?ファンデーションを選択するときは、本来のお肌の色より明るめの色をセレクトする人がよくいますがコンシーラーを買う時、自分の肌より明るめの色を選ぶとシミがもっと際立ってしまいます。

コンシーラーでシミを隠したいなら、肌よりわずかに暗い色を選ぶのがミソです。

肌のくすみを改善したい方は洗顔方法によって改善できるかも知れません。


くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料できめ細かい泡をたてて洗います。肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うと透明感ある肌へ変わっていくことでしょう。

肌のシミときくと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?例として挙げるなら、最近、CMなどで耳にする事が多くなった「肝斑」になります。
肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが明らかになっています。肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いでしょう。


キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌をさします。

キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。
キメが整っている肌を見ると皮溝にかこまれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。ところが、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまくはたらかないでいると、すぐ下にある真皮もダメージをうけてしまいます。真皮は肌の土台というはたらきがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。
加齢とともに、お肌のシミが目立ってきた気がしませんか。シミと一言でまとめることはできません。



その形状やできた場所によって、様々の種類がありますので、それに対応した薬をドラッグストアで探したり、クリニックへ行くという対策もあります。ただし、薬では完治できないシミもありますので、そうしたシミ対策でお悩みの方は、全く趣向を変えて、レーザー照射という解決方法も可能性として考慮に入れましょう。

最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、各種の雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットをしてみ立ところ、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。
只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかも知れません。

このことと、ダイエットが何か関係があるとは思っていませんが、関連を疑いたくなるタイミングではありましたし、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行ないつつ、情報を集めてみるつもりでいます。
Copyright (c) 2014 スキンケアでお肌の管理BLOG All rights reserved.